なかなか見つけられない仕事

私の母は、私達を生んで私達が高校を卒業するまでの間、ずっと専業主婦に専念していました。私達が高校を卒業して働きに出ることになった時、毎日ずっと家にいて私達と過ごす時間が長かった母は、一緒に過ごせる時間が減ってしまいそうで少しさみしいと言っていました。それまでは、育児に追われて自分の時間が欲しいと強く思うこともよくあったのに、とても不思議だとも言っていました。自分の時間が欲しい、趣味に没頭したいと思っていても、実際に時間ができる環境になるとやりたいという欲求が湧かないものです。そうなると、時間が無駄に過ぎていきます。
仕事に出ると決めて仕事を探す時、まず正社員としてフルに働くのかアルバイトやパートとして時間的なことを考慮して働くのか、かなり迷ったようです。母は求人のサイトをいくつもチェックし、その中で役員の運転手募集という求人を見つけました。その会社は渋谷にあるようで、役員の運転手で月給が45万円以上と記載してあったようです。母は、今は事務のパートとして働いていますが、その求人がとても気になったと話していました。私も、あの車はハイヤーだろうな、と思う車を渋谷でいくつか見たことはあります。運転をする仕事ですが、実際にどのぐらいの給料がもらえる仕事なのか見当のつかない仕事です。運転で45万円というのは、かなり条件がいいと思いました。しかし、気配りや配慮、言葉遣いなどビジネスマナーのスキルは相当ないとでいない仕事だとも思いました。車の運転が好きでそういった内容の職種を探す人もたくさんいると思いますが、この仕事はなかなか見つけることのできない仕事ではないかと思います。